矯正の種類と治療期間

ライフスタイルで選ぶ

医療器具

歯並びは人の顔の美しさを決定づける大きな要因の一つです。顔が整っていても生まれ持った歯並びが悪いことで、マイナスイメージになってしまうとしたら残念なことです。とはいっても矯正についてご存知ではない方のために、名古屋駅周辺にある矯正歯科で矯正を行った場合の具体的な期間や通院の頻度をまとめました。矯正歯科で行う歯列矯正には、その手法により大きく分けて三つの種類があります。まず一般的なワイヤー矯正は、歯にブラケットという装置を取り付けてワイヤーを通し、歯列を整える方法です。歯や顎の状態や年齢により異なりますが、治療期間は一年から三年程度、一か月から一か月半に一度通院します。またワイヤーを外した後は歯がもとに戻ってしまうのを防ぐために、リテーナーという装置を二年から三年程度装着します。この期間は三か月から四か月に一度通院します。次に比較的簡単な矯正の場合に行われる、マウスピース矯正です。こちらはマウスピースを一日17時間程度はめ歯列を整えます。程度が軽い人は半年、通常は一年から二年期間を治療期間を要し、通院はワイヤー矯正と同様に一か月から一か月半に一度です。最後に歯を削りセラミック歯を被せ、歯列を整えるセラミック矯正です。治療期間は二か月から三か月と短いことが特徴で、歯を動かないで治療するため、後戻りすることもありません。四回から五回の通院で終わる手軽さが人気です。このように矯正歯科で行われる矯正には種類により、治療期間や通院回数も異なりますので、自分の歯やライフスタイルに合わせて選択しましょう。名古屋駅周辺には治療経験が豊富で、最先端の技術を用いた矯正歯科が集まっています。また名古屋駅は地下鉄網が発達しアクセスが良いため、会社帰りや学校帰りの通院に適しています。またファッションやグルメ更に文化の発信地であるため、通院の後の寄り道も楽しめます。このような理由から矯正歯科選びは名古屋駅周辺をおすすめします。

通いやすい医院が多い

歯型

矯正歯科で行われる歯の矯正は、それによって見た目が良くなるだけでなく、虫歯の予防や肩凝りなどの体の症状の改善などにも効果があると考えられています。この科で行われる矯正治療は基本的には自由診療なので、その費用はそれぞれの医療機関で違ってきますが、一般的には大人の場合で70万円〜80万円程度になります。子供の場合には、6才から小学校低学年までの永久歯がはえていない状態では20万円〜50万円、永久歯が生えた後の治療では30万円〜60万円くらいと言われています。ですから、矯正歯科で治療を受ける場合には、まずどの程度の費用がかかるかを医院に聞いて、お金の準備を考えることが大切と言えるでしょう。また、大人の場合でも子どもの場合でも、治療には1〜2年ほどの期間が必要になることが多いので、長めの通院になるということも認識しておくことが大切です。なお、矯正治療では特に歯磨きの仕方を重視して指導したりするので、使用している歯ブラシなどを準備しておくと役に立つはずです。そして、町田にはこのような矯正歯科がたくさんあるので、この地域の歯科に行く場合は、それぞれの年齢や治療内容に合うと考えられるところを選ぶと良いでしょう。町田の矯正歯科の医院は、駅から行きやすいところが多く、さらに、土、日にも診療を行ったり、急患や初診を随時受け付けたりする医院もあるので、利用しやすいと言えます。さらに一般歯科の診察を行っているところもあるので、そんなところでは矯正だけでなく虫歯治療でも受診することができます。また、町田で長く診療を続けていたり、最新式の機器を使用したり、マウスピースなどを使って矯正中も目立たないようにするなど、それぞれの医院には様々な特徴があります。ですから、それらの情報を十分に把握した上で、自分に合った町田の矯正歯科を選ぶようにすることをお勧めします。

人に知られず治療が可能

治療

歯の矯正治療といえば、以前は顎の発達に合わせて子供のうちに行うというのが一般的でした。しかし最近では、大人になってから矯正歯科を受診する人が非常に増えています。多くの成人が矯正治療を選択しているのには、いくつか理由があります。その1つは、心理的な効果です。大人になると人前で話をしたり、会食したりする機会が増えますが、歯並びに対するコンプレックスがあるとどうしても口元を他人に見られることに消極的になってしまいます。治療によって美しい歯並びを実現することは、自らの容姿に自信を与え、積極的な社会生活を送る手助けとなります。もう1つの理由は、治療技術の進歩です。大人の矯正治療で一番の課題となるのは、歯に矯正器具を装着し続けることで、日常生活が制限を受けてしまうことです。しかし近年では、成人でも手軽に治療を受けられるような装具が開発され、すでに多くの歯科医院で採用されています。たとえば町田のとある歯科医院では、舌側矯正という治療を手がけています。これは、通常であれば歯の表面に装着する金属製の矯正器具を、舌のある側すなわち歯の裏側に装着するというものです。また、同じく町田にある別の歯科医院では、金属製の器具の代わりに透明なマウスピースを使った矯正治療を実施しており、町田市内のみならず周辺地域からも多くの患者を集めています。これらの治療法は、いずれも器具が目立たないため、人に知られずに矯正が行えるという利点があります。町田は大きな街だけあってたくさんの歯科医院が存在し、こうした先進的な治療を行うクリニックの数も年々増加してきています。